ツーショットのテレホンセックスには、技巧が必要です。

blonde woman holding a mobile phone
girl lying in bed
べからず集

ツーショットダイヤルで、テレホンセックスを楽しむ際に、やってはいけないことがあります。
前回紹介したいきなりリアルな出会いを要求することも、その中の一つです。

今回紹介するのは、そんなテレホンセックスべからず集の、残りの項目です。
まず、一つ目は相手とのコミュニケーションで、いきなり相手に命令口調になることです。
女性は、男性的な男性を好むものですが、何もそれは粗暴であることを指しているわけではありません。
紳士的ながらも、リードしてくれる男性を求めているので、亭主関白的な上からの命令口調はかえって逆効果です。

また、テレホンセックスでイクためには、自分で性器をシゴク必要があります。
一見すると、それはオナニーのようにも見えますが、それは断じて違います。オナニーなら、そのままテレホンセックスの電話を切っても良いのですが、違います。
相手も相手で、セックスを楽しんでいるのですから、こちらがイッたとしてもいきなりガチャ切りしてはいけません。
相手に対して失礼ですし、何よりも次から相手をしてくれなくなります。

最低限、これくらいのことは守って楽しみましょう。

big ass girl

普通じゃない興奮

女の子を見なくても、声だけでエッチな事をしたい人は、テレクラを利用してみてください。声だけなので女の子を想像することが出来ます。

近くの女の子とすぐに繋がる!テレクラでテレホンセックスを楽しみたいなたこちらがおすすめですよ。ぜひ利用してみてください。

ツーショットダイヤルで、テレホンセックスはいかがですか?
「なんだその呪文?」なんて声が聞こえてきそうです。

まずは、単語の説明からしていきますが、ツーショットダイヤルとは電話による情報交換サービスを指す言葉です。
アダルト業者の利用が急増したので、電話による逢引や、電話の性交渉などの隠語のように思われいます。
正式には、業者が仲介してくれた女の子と、テレホンセックスを楽しむための場としてとらえも良いでしょう。

利用の仕方自体は、簡単です。
検索サイトでツーショットと検索をすれば、いくつか適当な業者が見つかるので、電話番号を探しましょう。
そうすると、こちらから利用する手順が解説してあるので、利用料を支払い電話をかけましょう。

テレクラなどに設置してある電話を利用する方法が従来ではとられていましたが、現在ではお店側の仲介で家からの電話でも利用が可能です。
テレホンセックスとは、そのようにして仲介された女性と、電話口でお互いの言葉と音で興奮を高めあう行為です。
通常のセックスでは、興奮できなくなった人や、最近ご無沙汰の人まで利用しています。

テレホンセックスの良いところは、普段は肉体同士のぶつかり合いで興奮しているのに、音だけで興奮させあうことができる点です。
ツーショットをつかってテレホンセックスをすれば、普段では味わえない興奮が手に入ります。

テレクラを利用するならツーショットダイヤルがおすすめです。可愛い女の子もいっぱいです。電話から始まる素敵な恋を楽しみましょう。

彼女やセフレを作りたい方はアダルトチャットで女の子を探してみてはいかがですか?きっとお気に入りの子が見つかります!

sexy girl
女性との接し方

さて、ツーショットダイヤルでテレホンセックスをする時は、女性との接し方が何よりも重要になってきます。
やってはいけないのが、いきなりリアルな世界であってみないかと声をかけることです。

まだ、出会って間もないのにそんなことをいわれたら、相手はどんな気持ちになるでしょうか?
恐らくは、一刻もはやく電話を切りたいと思うのではないでしょうか?
何度かテレホンセックスを重ねて、お互いのことがなんとなくわかってきてからの方が、そういう話を切り出すタイミングとしては正しいと思われます。
あまりにも気が早すぎると、相手も引きますし、そうすればこちらもご縁が切れてしまいます。

女性との接し方には、それなりに時間をかけて関係構築する必要があります。
従って、終始相手に対しては、紳士的かつスマートに接するように心がけましょう。
まずは、相手の性的な趣向を聞いてから、どんな行為をするか相談の上で行為をしましょう。

もし、相手が多少Sっ気のある男性が好みなら、言葉責めを巧みに混ぜる必要があるでしょう。
大人の男性が好みなら、終始優しい言葉で相手を導いてあげる必要があります。
このように、相手の趣向によって求められる男性像が変わってくるので、必ず相手の趣向は聞いておきましょう。

hot girl
技巧

テレホンセックスには、それ特有の技法というものがあります。
行為そのものが、オナニーと相手とのコミュニケーションだけなので、基本的には音を工夫することで興奮を高めていきます。
例えば、使用済みのストローや飲みかけのジュースを使えば、まるで性器を舐めているような卑猥な音を生み出せます。

また、実際にピンクローターなどのモータ付き大人の玩具を使えば、よりリアルな演出が可能となります。
このような小道具を使えば、それなりに興奮を高めることが可能となるのです。

それから、基本的なことですが、相手には自分の姿は見えませんし、自分も相手の姿を見ることができません。
そこで、これから自分がする行為は、逐一説明的にならないように、相手に分からせる必要があります。
「今から、~するから」みたいなセリフだと色気がなさすぎるので、舐める音と「塩っ辛い味がするね」みたいなセリフでそれとなく察することができるようにしてあげましょう。
説明的なセリフが連発すると、よくありがちなのが臨場感が毀損して、あまり興奮できないという事態です。